■ - よくあるご質問 - 教えと作法 ■ - 浄土真宗本願寺派 福岡教区 東筑組 -

サイトマップ >> トップページ > 教えと作法 > よくあるご質問
よくあるご質問
よくある基本的なご質問にお答えいたします。

ここではご質問に、分かりやすく簡単な回答を行っております。

その詳細につきましては、「教えと作法」の「仏事と作法」に記載しております、合わせてご参照ください。

ご質問と回答
お葬式はどのようにつとめたら良いのでしょうか。
葬儀は深いご縁に結ばれた人との人生最後の厳粛な別離の儀ですので、意義深くつとめましょう。
形式や見栄にとらわれる事なく、浄土真宗のみ教えに反しないよう行いたいものです。
詳細につきましては、「教えと作法」の「仏事と作法」をご参照ください。

「法名」と「戒名」はどう違うのですか。
いずれも仏教徒としてのお名前を表す言葉ですが、浄土真宗では「法名」、他宗では「戒名」といいます。
厳格な規律(戒律)を守って仏道修行する人びとにつけられる名前が「戒名」です。浄土真宗では私たちを必ず救い、浄土へ迎えるという阿弥陀さまのはたらきを「法」と呼び、その法の中に生かされている私たちがいただくお名前を「法名」といいます。
詳細につきましては、「教えと作法」の「仏事と作法」をご参照ください。

お布施はいくらい必要ですか。
お布施は僧侶への報酬、あるいは料金としてではなく、如来さまへの報謝としてささげるものです。
施主の意思でご進納下さい。

お仏壇は死者を祀る所ですか。
お仏壇はご本尊をご安置するところで、なくなった人をまつるのは間違いです。
阿弥陀さまに手を合わせ、心豊かな家庭生活を送るため、購入の時期を気にせず迎えましょう。
またお仏壇や位牌に"魂"を入れたり、生前の好物や喉を潤すお茶、お水を供えるのことはありませんし、他宗の仏像、お守り、故人の写真などはいれないようにしましょう。
詳細につきましては、「教えと作法」の「仏事と作法」をご参照ください。

浄土真宗のお墓の建て方は。
墓を建てる時期は、納骨は葬儀の後、満中陰(四十九日)頃までに行います。また納骨には、この世の感情や人間関係を持ち込まないようにしましょう。
詳細につきましては、「教えと作法」の「仏事と作法」をご参照ください。

↑ ページの上へ